歯の病気について

歯を溶かす病気 虫歯

虫歯とは、口内に潜む細菌が糖分をもとに酸を生み出し、歯を溶かしてしまう病気のこと。初期段階では痛みがないので、早期発見・早期治療のためには定期的な歯科検診が重要になってきます。また虫歯は食事などの様々な生活習慣が原因として挙げられることから、最近では生活習慣病としても見られています。

歯を溶かす病気 虫歯

虫歯の分類
C1
C1

歯の表面にあるエナメル質の虫歯です。痛みはまだありません。虫歯となっている部分を削り、詰め物(インレー)を使って治療します。

C2
C2

歯の内部にある象牙質の虫歯で、冷たい物を口に入れるとしみてしまいます。なお象牙質はエナメル質よりも溶けやすいため、注意しましょう。治療法としてはC1と同じく、詰め物を使います。

C3
C3

歯の神経の虫歯で、常に激しい痛みが走ります。神経を除去して被せ物(クラウン)を使って治療します。

C4
C4

虫歯により歯が崩壊した状態です。神経が死んでいるので痛みはありません。多くの場合、抜歯を行います。歯を抜いたあとの選択としては「ブリッジ」「入れ歯」、そして「インプラント」があります。

レーザー治療

様々な症例に対応 レーザー・炭酸ガスレーザー

当院では様々な症例にも対応できるよう、レーザー治療を行っています。レーザーの導入によりさらに高精度の治療が行え、患者様の様々なご要望にお応えすることができます。

レーザー治療の導入は必須ではありません。しかし、より質の高い医療サービスを提供するためには欠かせない存在なのです。

様々な症例に対応 レーザー・炭酸ガスレーザー

虫歯予防から歯ぐきの黒ずみ除去まで レーザー治療

レーザーを利用した治療で、以下のような効果があります。麻酔が必要ないほど痛みがないのが特徴で、無痛治療とも呼ばれています。

  • 初期虫歯の治療と予防
  • 知覚過敏の防止
  • 口内炎の治療
  • 歯周病の治療
  • 歯ぐきの黒ずみ除去

炭酸ガスレーザー治療の特徴

炭酸ガスレーザーの波長は、水に吸収されやすいため組織の表層で熱に変わり、蒸散作用がおこります。
その作用は表層に限られ組織の深部まで至らないので、安全面でも万全です。

  • 器具を直接接触させないため、感染の危険が無い
  • 止血効果や強い殺菌作用
  • 催奇形性や発癌性がない
  • 比較的麻酔は不要

◆低出力時

傷の治癒促進や除痛の効果があり、口内炎・ヘルペスに効果的。

◆高出力時

止血、歯肉切除、切開や歯肉のメラニン色素沈着を除去することが可能

Copyright © 銀座の歯科医院|銀座4丁目東デンタルオフィス All Rights Reserved.