歯周病

歯の失落原因の第一位、歯周病
  • 「歯ぐきから血が出る……」
  • 「歯が長くなった……」
  • 「口臭がきつくなった……」
  • 「歯ぐきが赤みを帯びている……」

歯の失落原因の第一位、歯周病

これらは歯周病の代表的な症状です。このような症状が見られたら歯周病のおそれがあるので、早めにご相談ください。歯周病は日本人の歯の失落原因の第一位である病気です。治療をせずに放置してしまうと、大切な歯を失ってしまうおそれもあります。

治療を先延ばしにしても、良いことはひとつもありません。早めの治療を心がけ、お口の健康を守りましょう。他の誰でもないご自身の大切な歯ですから、一番良い方法をとってあげましょう。

歯周病の進行状態と症状

歯周病は進行状態に応じて以下の4つに分類されます。進行すればするほど歯周組織にダメージが蓄積し、治療に時間がかかります。早めの治療が大切です。

  • レベル1 歯肉炎

    レベル1 歯肉炎

    プラークにより歯肉に炎症が起きています。歯みがきなどで出血しやすくなります。

  • レベル2 軽度歯周炎

    レベル2 軽度歯周炎

    歯肉が大きく腫れ、顎の骨が溶けはじめます。水などがしみることもあります。

  • レベル3 中等度歯周炎

    レベル3 中等度歯周炎

    顎の骨の破壊が進み、歯を指で押すと若干ぐらつきます。歯が浮く感じや口臭の悪化が確認できます。

  • レベル4 重度歯周炎

    レベル4 重度歯周炎

    歯のぐらつきが悪化し、歯肉も真っ赤、あるいは赤紫色になります。このまま放置すると歯は抜け落ちてしまいます。

Copyright © 銀座の歯科医院|銀座4丁目東デンタルオフィス All Rights Reserved.