顎関節症かなと思ったら

顎関節症と(TMD)とは?
  • 「口を開くとカチカチという音がする」
  • 「かたいものを噛むと顎が痛む」
  • 「口を開け閉めすると顎がカクカクする」

これらは顎関節症の代表的な症状で、10代後半から20代の女性に多く見られます。

顎関節症かなと思ったら

主な症状

主な症状は顎を動かす筋肉や耳前部にある顎関節の痛み、口が開きにくくなるといった運動障害です。口を開閉するたびに激しく痛む場合もあれば、痛みはないものの慢性的な違和感が残る場合もあるなど、症状は人によって異なります。今までは乱れた噛み合わせが原因として考えられてきましたが、現在ではそれ以外にも肉体的・精神的ストレス、乱れた姿勢、睡眠障害、歯ぎしりなどの悪癖、不適切なダイエットなども原因として考えられています。

ほとんどの症状は時間の経過とともに消えていく

「顎関節に痛みが生じている=重症」ということではありません。違和感、痛み、「カチカチ」などの異音といった顎関節症の代表的な症状は時間の経過とともに消えていくものがほとんどで、家庭療法といった初期治療で症状の改善が見込めます。

初期治療で改善されない場合

なかには初期治療で症状の改善が見込めない場合があります。顎関節が著しく変形している場合は外科療法、治癒期間を経ても慢性的に痛みが続く慢性疼痛症の場合は超音波や低周波を使ったマッサージ、ストレッチ、温熱療法などを用いた理学療法を検討します。

初期治療で改善されない場合
  • スプリント療法

スプリントというマウスピースを使った治療です。スプリントを歯に装着し、噛み合わせのズレを徐々に整えていきます。装着するのは主に就寝時となるので、学業や仕事に支障が出ることはありません。なお、スプリントは就寝時の歯ぎしりや噛みしめなどの悪癖の矯正効果もあります。

  • 理学療法

超音波や低周波を使ったマッサージ、ストレッチ、温熱療法などを用いた治療です。血行促進や筋肉を伸展させることで、顎の関節や筋肉が受けたダメージを効果的に回復させます。また簡単なマッサージやストレッチなどはご自宅でも行えます。

  • 行動療法

歯ぎしり、歯の食いしばり、悪い姿勢、頬杖など、顎の関節や筋肉に負担を与える行動を悪癖だと認識し、それを止めるように意識することで改善を図る治療です。とても単純な治療ですが、非常に効果的です。

  • 運動療法

顎を左右に動かす、口を大きく開けるなどの運動を行うことで症状の緩和を図る治療です。通常はほかの治療法と組み合わせて行いますが、運動療法だけで完治する症例もあります。

家庭療法について

顎関節症の治療には歯科医院で行う処置はもちろん、家庭療法も大切です。当院では家庭療法として以下の3つをご提案しています。

1.
やわらかいものを食べる

かたい食べ物、長時間にわたって咀嚼が必要な食べ物は顎への負担が増すため、顎に負担がかからないやわらかいものを中心に食べるようにしましょう。

2.
温湿布・ストレッチ

痛む部位に温湿布を5~10分間程度貼ります。その後、「顎を5秒開いて5秒休める」を1セットとして5回、朝夕に繰り返してください。

3.
薬の服用

痛みが出ている場合は消炎鎮痛薬を処方しますので、処方通り服用してください。

Copyright © 銀座の歯科医院|銀座4丁目東デンタルオフィス All Rights Reserved.